FC2ブログ
TOP > CATEGORY > 国際交流
BACK | TOP

リストマーク お好み焼きパーティー 

2013年11月06日 ()
留学・留学生 * 学校・教育
いぶき「お好み焼きパーティーしよう!!!」

Karolina(ポーランド出身留学生)「やったー!お好み焼きが好きです!」

パンダ(中国出身留学生)「お好み焼きって何?」

チョウ(中国出身留学生)「料理?」

ゆきちゃん「しよーう!」

私は留学生の友達が多い。

もともと私の通っている大学にはたくさんの留学生がいるので

出会う確率も高いのだ。

それでもやっぱり日本人は常に日本人と

中国人は常に中国人と一緒にいる

というのが大学内で普通になっている。


でもそれは悲しいことだなと私は思う。

せっかく同じ大学で勉強してるんだから

国籍なんて関係なくみんなで仲良くしよーよって思う。

だから少なくとも私は留学生とも仲良くなれて
本当にうれしいです(*^_^*)

大きなことはできないけど
周りを変えるにはまず自分が行動しないといけないと思う。

今日はみんなでお好み焼きパーティーをした(*^_^*)ibukiokonomiyaki.jpg
写真が大きすぎたらごめんなさい。。。

作っていたら写真撮るから止まって!!!!!!と言われました(笑)

ゆきちゃんがキャベツを切って、生地を作ってくれました。

Karolinaも自分で作りたいと言ってお好み焼きマスターしました。

みんなで忍者ゲーム(忍者のポーズをしてみんなにタッチするゲーム(笑))したり
踊ったり、歌ったり、演劇したり(笑)

楽しかったーヽ(^o^)丿

何よりも留学生のみんながお好み焼きをマスターできて

喜んでくれて嬉しかったです。

久しぶりに
ワンポイント英語
What brings you to Japan?
(日本に来られたきっかけはなんですか?)

何があなたを日本に連れてきたのーと変な日本語になってしまいますが

ネイティブの人がよく使います。

返答は
I’m here for vacation.
To study Japanese language.


などなどきっかけを話せればおっけー!

あ!
コメントをいただきました(*^_^*)
本当にうれしい!私のブログを見てくれる人がいるんだなと分かりました(笑)
ありがとうございます!!!!!
[2013.11.06(Wed) 01:40] 国際交流Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク やりたいなら自分で創れ! 

2013年10月10日 ()
私は昔から

変なかっこうをして、

おもしろい写真を撮ったり、

パーティーをしたりしたいと思っていた。

でも、そんなパーティー山梨で開催されないな。つまらない。

と思っていた。

オーストラリアに行って、

たくさんの人がおもしろいパーティーを創り上げているのをみて

「なんだ、簡単じゃん。自分で創ればいいんじゃん。」

そう思い始めた。

やりたいのならば自分で創れ。

オーストラリア人になった気分でハロウィンパーティーを企画した。

最初はあんまりみんな来てくれないかもしれない。

そう思った。

でも。。。

halloween1.jpg


なんと40人以上もの方が集まってくれました!!!

数ではないと思うけどみんなが本当にたのしんでるのをみてうれしかった。

シャイなみんなが色々な人と会話できる場を創れたかなと思うと本当にうれしい。

私も色々な人と会話できて、本当に楽しかった。


そしてなによりも(?)パンプキンのコスプレをして写真を撮れたことが嬉しい!

憧れてたー!!!!!!笑

halloween3.jpg

ハロウィンぽいで賞をとったなつきちゃんと面白いで賞をとったいちろうくんと(*^^)v
halloween2.jpg

あれです。

私は確かに自己主張が強く、協調性がない、ばかだけど

人間はみんな違っていいんです。

変なやつがいるから

変なこともできるんです。

だから温かく見守ってあげてください。(*^_^*)!

You have to learn to love and accept yourself just as You are.Lizzie Velasquez
[2013.10.10(Thu) 00:49] 国際交流Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク フランス娘。イザベル。 

2013年10月08日 ()
私は、20歳のとき、3週間だけバンクーバーの語学学校へ通い、ホームスティをしていた。

その時の家はシェアハウスみたいで、スペイン人、ペルー人、スイス人、フランス人、日本人と一緒に住んでいた。

私はフランス人の女の子と部屋をシェアすることになった。
名前はイザベル(Isabelle)
彼女には強烈な印象が残っている。isabelle1.jpg

初めて会ったとき、私はまだ「日本人以外の人」「英語」で話すということに全く慣れていなくて
どうすればいいのか、何を話せばいいのか全く分からなかった。

それなのにいきなり初めて出会って
ほっぺをくっつけてキス
されて驚いてしまった。

それが文化っていうものなんだけど。

英語がほとんど話せなかった私は、イザベルが何を言ってるか理解できなかった。


が、人間はどんな時も様々な状況に対応できるようにできてるみたいで

ボディーランゲージとつたない英語で会話していた(笑)
それも3週間毎日。

「ホームスティ先のお母さんがうるさい」だとか
「学校に日本人がいすぎてつまらない」だとか
「彼氏なんてめんどくさいだけ、いらない」だとか

そんな毎日が本当に楽しかったのを覚えている。
今思うと私たちどうやって会話してたんだろう・・・?

イザベルは本当に思ったことをすべて口にする子で、

傷つくことも多々あった。

でもその分嬉しい時は本当にうれしかった。

バンクーバーから日本に帰る日。


イザベルは

「バンクーバーで出会った人の中でいぶきが一番好き。日本で会おうね。絶対行くから」
って言ってくれた。

私はイザベルに本当に楽しかった思いを伝えたかったし、イザベルが本当に好きだってこと伝えたかった。

でも言葉ではうまく伝えられなかった。


イザベルに次会ったときはもっと自分の言いたいことが言えるようになりたいと思った。
日本に帰り、毎日、朝から晩まで英語を勉強した。大学は英語の授業ののみとった。(笑)(ビジネス学部なのに)

そして翌年
イザベルは日本に来た。
英語が結構理解できるようになり、バンクーバーでは話せなかったこともたくさん話した。

イザベルは
ひたすら、
日本の文化やら、
観光地やら、
物価が高すぎるやら、
文句をつけ(笑)

ダイエット中
だから豚肉は食べない。
と言いながら思いっきり豚肉、牛肉が入ってるお好み焼きを食べ、(笑)
私の食べる量の倍以上のご飯を食べ。
ケーキが小さすぎると文句を言い。笑
(8カフェの大きなケーキなのに)


私は、なんでそんなに日本が気に入らないんだろうと悩んでしまった。

それは最後にやっと分かったのだ。

イザベルが帰るとき、
パリでは文句を言うのが文化の一つなの
と言っていたからだ。(笑)

えええええええええ!!!!!!!
そそそそれは文化なんですか!?!?!?!?!


(たくさんのフランス人に今まで出会ってきましたが、文句を言うというステレオタイプがあるだけで、みんながみんな文句ばかり言ってるわけではありません。思ったことをはっきり言うのが美徳ではありますが。)

おもしろいです。
最後に一つ言えるのは、
文句を言う文化を日本でも炸裂してたイザベルは
本当はすごくいい子だということ。
そんなイザベルが私は大好きです。


来年、ヨーロッパを自転車で一周する際に絶対することリストの中には
「イザベルに会う」のが含まれています。
isabelle2.jpg
絶対実現させなくちゃ!

イザベルがリンゴのケーキを作ってくれた。
おいしい!!!!!!
isabbele3.jpg
名前が思い出せない。。。。
[2013.10.08(Tue) 20:08] 国際交流Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

カウンター

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード