FC2ブログ
TOP > 羊
 ← ベルギーの家族 | TOP | ベルギー

リストマーク 羊 

2014年08月14日 ()

フランス語でシープという表現がある。

羊みたいにいつも群れていて

一匹がどこかへ行くと、みんなついて行く。

流行を追ったり

いつもみんなと同じことをしている人のことを指す。

フランス人らしいと思う。

自分を持つ、自分の意見を伝える、相手に合わせない。

これがフランスの美徳で

コミュニケーション、集団行動、相手に合わせることを大切にする日本とは真逆。

日本では、相手と違った意見を持っている場合、自分の意見を言わない人が多い。
それは、日本人は相手がどう思うか、相手との関係、その場の空気を第一に考えるからだと思う。
KYという言葉すらある。

友達が言うに、フランスは、みんな違った考え方を持っているのはあたり前で、
それでも自分たちの意見をシェアしたいから
自分の意見を伝える。
みんながみんな同じ意見だったらつまらない。
何も言わない=何も知らない。
意見のない人はつまらない。
そういった考え方らしい。

私は、ヨーロッパの文化も日本の文化もすごく好きで、

ヨーロッパにいるとめんどくさいことを考えずに話すことができる。
その代り、言い合い が多くなる。喧嘩ではなくって、ディスカッションに近い。
すごくくだらないことでディスカッションする。

日本にいると周りが「相手」私との関係を良くするためにはっきり言わなかったりすることがあるため、
傷つくことが少ない。その代り、たてまえの文化など、周りが本当に何を考えているのかよく分からない。

でも未だに海外で文化の違いで苦しめられることもあれば
日本で、「外国人かぶれ」になってしまったりすることもある。

フランス人のイザベルは、周りと同じは絶対に嫌!と言っていたが

私は、自分のやりたいことがもし周りと一緒だったとしても別にいい。

シープは、人をばかにする言葉なのであんまり良くないけれど、

自分らしく生きていればそれでいいんじゃないかなと私は思う。
スポンサーサイト
[2014.08.14(Thu) 01:47] ベルギーTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ベルギーの家族 | TOP | ベルギー

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://rilakkumaibuki.blog.fc2.com/tb.php/70-cdc80e11
 ← ベルギーの家族 | TOP | ベルギー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

カウンター

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード