FC2ブログ
TOP > つぶれてしまったお好み屋さんとおじさんの笑顔
 ← オーストラリアの文化 | TOP | 世界地図を眺めて

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク つぶれてしまったお好み屋さんとおじさんの笑顔 

2013年11月26日 ()
日記 * ビジネス
私が高校生の時、通学途中に小さなお好み屋さんがあった。

友達とそこのお店に行ったときによく店長さんと話をした。

私たちはすごく「子ども」だったので

結婚しているのか

いくつなのか

どこで料理を学んだのか

などプライベートな質問をたくさんし

そんな礼儀も知らない、お店の利益になるほど食べない私たちに

おじさんはいつも笑顔で接してくれた

私たちはそのおじさんがすごく大好きだった。

何回か行くうちに衝撃の事実を知った。

経営が厳しい。

ということだった。

高校生だった私たちは考えた。

「お店のメニューが地味すぎるんじゃない?」
「このお店があることをみんなが知らないんじゃない?」
「看板がいけない?」


結局、

ポスターを作ろう!!!!

ということになった。

学校にあるポスカ、画用紙を使い、家から色鉛筆をもってきて

二人でお好み焼きの絵とお店の地図を描いた。

一枚だけ(笑)

お好み焼き屋さんの近くにある

私たちが当時よく行っていたカラオケボックスの店員さんに

「これを貼ってください!経営が厳しいんです。」←笑

と言い、爆笑されて、ポスターを貼ってもらった。

そして、mixi(当時流行っていたので)に

「ここのお好み焼き屋さんに行ったー!おいしい!」と書き込んだ。

私たちがしたのはそれだけだった。

店長さんはそれでもすごく喜んでくれた。

私が大学生になって、そのお好み焼き屋さんはつぶれてしまった。

今、その店長さんが何をしているのかは分からない。



昨日、学生が創ったCAFE Flatとiiraに行き

学生たちがすごく輝いているのを見て

今日、そのお店について思い出した。

私はそのお好み焼き屋さんの売上を良くするために

もっと色んな事ができたはずなのになんでしなかったんだろう

もっとたくさんのアイディアだせなかったんだろう

ただ好きなところにポスターを貼ったって、意味がなかった。


ターゲットを絞って、それに合った宣伝方法なんて全く考えられなかった。

資金だって

大学で「お好み焼き屋さんのマーケティング活動」とかいって申請すれば

宣伝するための資金を出してもらえたかもしれないし、

学生がお好み焼き屋さんで甲府市活性化とか言えば、少し宣伝にもなったかもしれない。

そのお好み焼き屋さんに今出会えてたらどのくらい貢献できたかな?

大学で学んだマーケティングがはたして生かせるのかな?

そのおじさんのお好み焼きがまた食べたい。



それから私は大学で何を学んだんだろう?と思った。

一番、印象に残っている授業は

私が2年生の時受けたフィールドリサーチという授業だ。

地域活性化のためにビジネスプランをたてるという授業だった。

私たちの班は

山梨の甲州もろこしを残していくにはどうすればいいのか考えた。

かたくて、あまり需要のないもろこしをどうやって人々に買ってもらうか。

私たちの創ったものは「もっぱい」という「おっぱい」の形をしたもろこしのパイだった。(笑)

発表するときにみんなに爆笑された。

正直、すごく大変だった。

何がって人間関係が

ビジネスプランを立てる知識も何もない私たちは

集まるたびに遊んでいたし、

チーム内の2人は恋愛しだし、

片思いしだし、

ぐちゃぐちゃになってしまった。

結局、周りの先生に助けられプランを創ったが

それも、すごく薄っぺらい内容だった。

そんな内容だったが、私は心の中で

「こうやってビジネスプランってできるんだ。」

と感動していた。

(あれをビジネスプランと呼ぶのにはほど遠いが)

そして今4年生になって

ビジネスプランを創れと言われても前よりは良いものが創れるかもしれないが

それでもやっぱり難しいし、

もっと大学生活真面目にやってくればよかったとすごく後悔している。

私は、大学で自分の好きなことがみつかって

やりたいことができて

尊敬する先生に出会えて

素敵な友達に出会えて

本当によかったと思う。

でももっと勉強したいこと、勉強しておけばよかったこと、やっておけばよかったことがたくさんある。

過去は変えられないけど、

未来は後悔しないようにどんどんやれることやっていこうと思います。

ぱっく
最初は甲州もろこしでパックを創ろうと言っていました。
甲州もろこしが肌に良いという情報はなかったのに。
私たちの想像力とばかさ!?(笑)

おっぱい
私がこのパイを焼きました。
みんなにおいしくないと言われました。
おっぱいが離れすぎとも言われました。
真中のちょんってやつは乳首です。(ごめんなさい)
スポンサーサイト
[2013.11.26(Tue) 22:41] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← オーストラリアの文化 | TOP | 世界地図を眺めて

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://rilakkumaibuki.blog.fc2.com/tb.php/26-80b98de1
 ← オーストラリアの文化 | TOP | 世界地図を眺めて

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

カウンター

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。