FC2ブログ
TOP > CATEGORY > ベルギー
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ベルギーの食べもの 

2014年08月16日 ()
ベルギーでおいしいと感じたものは、すべて観光客が食べるものだった。

例えばムール貝がベルギーでは一番おいしい!と思った。

Snapshot_20148032039.jpg

そして次にベルギーワッフル。
でもどれもありきたりすぎる・・・。
Snapshot_20148041432.jpg

これは、マシンガンというローカルの若者が食べるもの。
中は、肉とソース。
好きなソースと肉を選べる。
いぶきはたくさん食べるからってわざわざ大きいのを注文してくれたお兄さん。。。
Snapshot_20148081314.jpg

アップルベニューという食べ物。
りんごを揚げたやつ。
これもすごくローカル。
でもすごくすきって訳ではない。

Snapshot_20148082320.jpg

お母さんに色々食べさせてもらったけど、
やっぱり観光客の好きなトップ2が一番おいしかった。
チョコレートももちろんおいしかったけど、
違いはよくわからなかったU_U
ごめんなさい!!!
スポンサーサイト
[2014.08.16(Sat) 02:48] ベルギーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ベルギーの家族 

2014年08月15日 ()
ベルギーに行ったとき

オーストラリアで出会ったBRUNOの家族の家に泊まることになった。
BRUNOは未だにオーストラリアにいるけれど
BRUNOの家族は本当に素敵だった。

お母さん、お父さんは、もう定年退職していて
BRUNOは弟が2人いる。

お母さんは、たくさんの場所に連れていってくれた。
そして、このブランドのチョコレートは一番おいしい!
だとか
他の国の人は知らないけれど、このお菓子もベルギーのお菓子。
だとか
色々な場所に行くたびに、その歴史について教えてくれた。

お母さんは、何十年も前、電子辞書もパソコンもインターネットもない時代に
アメリカでバックパッカーをしていたそうだ。

私にとってインターネットは旅に欠かせなくって
宿を予約するにも、バスを予約するのにも、航空券を取るのにもすべてインターネットでできてしまう。

インターネットなしで、バックパッカーなんて考えられないのだ。
そんな時代にバックパッカーをしていたお母さんをすごく尊敬するし、
インターネットのない時代の方が学ぶことはすごく多いんじゃないかなと思う。


弟さんも英語がなぜかペラペラで
お母さんがいうに、英語はすごく重要だからみんなに海外へ行かせた。
とのことだ。

みんな海外へ行っているので
性格もすごくオープン、フレンドリー。

そしてすごく親切だった。

私がフランスとベルギーに行って本当にびっくりしたことは

みんな食べる量が本当に少ない。

ちょっと朝ごはん食べて
ちょっと昼ごはん食べて
本当にちょっとだけ夜ご飯を食べる。

私は、夜ご飯はがっつり食べたい派なので

ベルギーの家族と食べるときも

バレないようにみんなより多く食べていた。

バレてないと思っていたけれど

いとこが来た時に

「いぶきすごい量食べるらしいね!!!お母さんがびっくりしてたよ笑」

と言われた。

そんなお母さんが作ってくれたご飯、肉もがっつり食べる私にも

みんな一週間優しくしてくれた。

本当に感謝しています。

ありがとう。

Merci beaucoup
[2014.08.15(Fri) 02:08] ベルギーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 羊 

2014年08月14日 ()

フランス語でシープという表現がある。

羊みたいにいつも群れていて

一匹がどこかへ行くと、みんなついて行く。

流行を追ったり

いつもみんなと同じことをしている人のことを指す。

フランス人らしいと思う。

自分を持つ、自分の意見を伝える、相手に合わせない。

これがフランスの美徳で

コミュニケーション、集団行動、相手に合わせることを大切にする日本とは真逆。

日本では、相手と違った意見を持っている場合、自分の意見を言わない人が多い。
それは、日本人は相手がどう思うか、相手との関係、その場の空気を第一に考えるからだと思う。
KYという言葉すらある。

友達が言うに、フランスは、みんな違った考え方を持っているのはあたり前で、
それでも自分たちの意見をシェアしたいから
自分の意見を伝える。
みんながみんな同じ意見だったらつまらない。
何も言わない=何も知らない。
意見のない人はつまらない。
そういった考え方らしい。

私は、ヨーロッパの文化も日本の文化もすごく好きで、

ヨーロッパにいるとめんどくさいことを考えずに話すことができる。
その代り、言い合い が多くなる。喧嘩ではなくって、ディスカッションに近い。
すごくくだらないことでディスカッションする。

日本にいると周りが「相手」私との関係を良くするためにはっきり言わなかったりすることがあるため、
傷つくことが少ない。その代り、たてまえの文化など、周りが本当に何を考えているのかよく分からない。

でも未だに海外で文化の違いで苦しめられることもあれば
日本で、「外国人かぶれ」になってしまったりすることもある。

フランス人のイザベルは、周りと同じは絶対に嫌!と言っていたが

私は、自分のやりたいことがもし周りと一緒だったとしても別にいい。

シープは、人をばかにする言葉なのであんまり良くないけれど、

自分らしく生きていればそれでいいんじゃないかなと私は思う。
[2014.08.14(Thu) 01:47] ベルギーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ベルギー 

2014年08月13日 ()
ビールのテイスティング

ベルギーに行くと決めたのは、オーストラリアでベルギー人の友達ができたからだ。

友達にヨーロッパへ行くよ!と伝えると
じゃあ家に来なよと誘ってくれた。

私の友達は、未だにオーストラリアにいるけれど
両親の家に泊まっていいとのこと。

一週間ベルギー人の友達の家へ泊まらせてもらえた。

ベルギーの家族は、本当に大勢いて
友達の兄弟、いとこと遊ぶことが出来た。

友達の兄弟、いとこは、ローカルの若者が普段何を食べているのか

どんなことをするのかを見せてくれた。

一番印象に残ったことは、ビールのテイスティングだった。

ベルギーには1000種類以上のビールがあり

何本か買い、友達の家へ行き、色々なビールを少しずつ飲むのだった。

ビールをワイングラス(ビールグラス?)へ注ぎ

グラスを回し

色と香りを楽しみ

飲む。

ワインみたいに・・・・。

ビールによって味もアルコール度数も全然違って

おもしろい。

そして友達が温度によって味が変わる。
このビールは、15度くらいで飲むのが丁度いいだとか
ベルギーに来なかったら一生考えないであろうことまで話していた。

1000種類以上って一年いても全種類制覇出来ないだろうな。

ビールを一日10缶飲む母を連れてくれば一年以内に制覇できるか。とふと思った。



Snapshot_20148082358.jpg
甘いビールもあります。

Snapshot_20148082048 (3)
ついつい飲みすぎて酔っ払う笑
[2014.08.13(Wed) 01:47] ベルギーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

カウンター

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。